頭皮臭のする男性型脱毛症は資生堂スカルプシャンプー

頭皮臭が気になる人は、資生堂のスカルプケアシャンプー「アデノゲン」を使うと改善されます。頭皮臭は、男性型脱毛症を悪化させる原因です。頭皮から強い臭いが発せられるということは、頭皮が何らかのトラブルを抱えていることを示しています。しかし痛みや痒みを伴わないと、大したことないとして放置することも少なくありません。トラブルを解決しないまま時間が経つと、自分では分からなくても注意は頭皮臭に不快感を覚えます。頭皮には髪の毛の数と同じくらいの皮脂腺が集まっています。たくさんの皮脂腺からは、たくさんの皮脂が分泌されますが、一度皮脂のバランスが崩れるとバクテリアが繁殖しやすくなります。酸化した皮脂は髪の毛を作る毛根細胞にも悪影響を与えるので、男性型脱毛症の症状がひどくなります。資生堂から2005年に販売されたアデノゲンは、市販の育毛商品としては有名です。資生堂は長い研究の中で男性型脱毛症を解決するために欠かせない物質を発見しました。それは発毛因子FGF‐7で、薄毛部分にはこの物質が半減していることが分かっています。FGF‐7を生産するのがアデノシンで、成長期の毛根が退行期に向かうのを防いで、成長期が延長されるので太くてしっかりした髪の毛が生えます。シャンプーの香りは、頭皮の臭いを抑制するシトラスグリーンです。クリーミーな泡が毛根の1つ1つに入り込んで洗浄するので、余分な皮脂が落ちます。一般的にシャンプーに含まれているシリコンは、刺激が強くて頭皮の環境を悪化させやすいですが、アデノゲンはノンシリコンシャンプーです。ポリクオタニウム‐11が髪の毛にハリをコシを与えるので、ボリュームがアップします。